つるかわ楠原歯科医院

診療予約・お問い合わせはこちら 042-737-5255

治療について

インプラント
インプラントQ&Aはこちら

インプラント治療の特徴

・歯を失った場所に入れ歯(部分入れ歯)の治療をした場合に比べて、わずらわしさが無く歯があった時と同様に美味しく食事をする事が出来ます。
・入れ歯を使用している時に気になる口臭や、不快感などを気にしなくて済みます。
・入れ歯では将来他の歯に負担がかかり、歯の健康を損ねたり歯肉がやせてきてしまい結果的に歯の寿命を縮めてしまいます。
・入れ歯を長期にしていると口の周りの筋肉の衰え、審美性を損なってしまいます。

インプラント治療とは、歯の欠損した部分に人工歯根を埋め込み、人工の歯をその上に取り付けて、失った歯をよみがえらせる治療方法です。 今までの健康な自分の歯のような感覚で噛む事ができ、見た目や味覚を損なうこともありません。
入れ歯のような着脱の手間や、手入れなども不要です。1本から総入れ歯まであらゆる症状に対応できます。 また、治療に使用する機器なども世界で最も実績のあるブローネマルクシステムや患者様にあったインプラントシステムを選択し埋入しています。

つるかわ楠原歯科医院では日本歯科インプラント器材協議会にて認定されているインプラントのみを使用しています。
楠原歯科が使用しているインプラントメーカー

また、インプラント初心者やインプラント治療に不安を抱えている方に向けたインプラント専門の情報サイトのホームページ内の情報・内容に関しまして、つるかわ楠原歯科医院も全面監修をしております。
当医院ホームページと合わせてご確認ください。

安心・安全 デンタルインプラント入門サイト「デンタルインプラントとは」

様々なインプラント治療法

隣接する歯を1、2本失った場合
ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯の場合

両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます

●噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすい
●歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまう

インプラントの場合

インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します

●健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる
●歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる

奥歯を含めて複数の歯を失った場合
ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯の場合

人工の歯を固定するために金属のバネで健康な歯に固定します

●金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる
●常に違和感がある
●金属のバネが見えて、見栄えが良くない
●金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因となる

インプラントの場合

人工の歯を両隣のインプラントで支えることもできます

●インプラントは時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
●単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
●外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない
●特別なケアの必要がない

全ての歯を失った場合
ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯の場合

人工の歯(入れ歯)を歯茎全体にかぶせます

●入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
●硬いものが噛めない
●入れ歯が舌を塞いで、味がわからない
●食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり、痛む
●あごがやせてしまったために、年老いて見える

インプラントの場合

複数のインプラントを埋め込み、人工の歯を固定します

●インプラントはあごの骨に固定されるため、ぐらつかない
●天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
●食べ物が挟まることはほとんどない
●天然の歯と同様の外観を保つため、年老いて見えることはない

ALL-ON-4

ALL-ON-4(オールオンフォー)と呼ばれるインプラントの術式は、無歯顎や無歯顎に準じた状態に対する治療方法です。
インプラント手術を行ったその日に仮の歯を装着しますので、手術後すぐに入れ歯による不便から開放されます。
入れ歯が合わない、硬いものが食べれない、食事が美味しくない、総入れ歯や、多数歯にトラブルを抱えている方には画期的な治療方法です。

インプラント治療の流れ

1.相談・診査

お一人ずつのご希望や現状を把握するため、問診、基本検査、診断用模型による咬合診査、レントゲン・CTスキャンによる骨量の診査し基礎資料の収集。
当医院では、メディカルスキャニングと、業務提携しております。

2.診断 コンサルテーション 

診査に基づき、必要なインプラントの術式を決定。インプラントの径、長さ、付加的手術の有無、咬合負荷の時期など詳細を説明。

3.インプラント埋入手術

診断に基づき、インプラントを埋入。

4.術後管理

手術後翌日は消毒、縫合時は7〜14日後に抜糸。

5.経過観察(4週〜3ヶ月)

インプラントの生着まで経過観察。必要であれば他部位の治療。

4.上部構造装着

インプラントに歯を装着するため、かたどりを行い、
上部構造(人工歯)を装着。

  • 治療について
  • 審美治療
  • ホワイトニング
  • 歯周病・予防治療
  • インプラント
  • インプラント無料相談
  • 治療費用
  • 矯正歯科治療
  • 治療費用
  • 義歯(入れ歯)

よくある質問はこちらから

お問い合わせはこちらから

デンタルインプラントとは 安全・安心インプラント入門サイト

院長 楠原 文の気ままにBLOG

歯科治療費に、安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン